MENU

構造・工法

構造・工法

Structure

拓匠開発の建物のこだわりをご紹介。
安心して暮らしていただけるよう「地震や台風といった災害に負けない家づくり」を目指して。

拓匠開発の安全へのこだわり
災害に負けない家づくり

構造・工法へのこだわりSTRUCTURE & CONSTRUCTION METHODS

横揺れ・ねじれに強い「剛床工法」イメージ

01

横揺れ・ねじれに強い「剛床工法」

構造・工法へのこだわり

剛床工法とは、床下地に通常の2倍以上の厚さの構造用合板を張ることで地震や台風による水平方向(横揺れ)によるねじれを防ぐ耐震・耐風上効果的な工法です。

剛床工法は、耐震性能に優れているだけでなく、床のたわみを小さくするので床鳴りを抑えたり、床が厚いことで、火災時には下からの燃え抜けるのを防止するなどの火災に対する性能が向上します。

耐震性・耐久性を高める「耐震金物」イメージ

02

耐震性・耐久性を高める「耐震金物」

構造・工法へのこだわり

耐震金物とは、耐震性向上のため、構造材をつなぎとめる基礎、土台、梁、柱などの接合部ごとに適材適所な耐震金具を使用し、構造体をしっかりと緊結し、接合部分の強度を高めます。

こうすることで、地震による揺れから建物のゆがみや倒壊を防ぎ、耐久性を高め、地震に強い家を実現します。

地震に強い基礎づくり「鉄筋コンクリートベタ基礎」イメージ

03

地震に強い基礎づくり「鉄筋コンクリートベタ基礎」

構造・工法へのこだわり

基礎は、建物全体の荷重を支える土台です。どれだけ躯体が丈夫でも、基礎が弱ければ意味はありません。拓匠開発では、一邸一邸綿密に強度を計算し、地震に強い基礎づくりを行い、長期に渡り安心できる住まいを実現しています。

ベタ基礎のメリット

MERIT地震に強い

面で建物を支えるため耐震性に優れている。

地震に強いイメージ
MERITシロアリに強い

ベタ基礎は床下の一面をコンクリートで覆うので、シロアリの侵入を防ぐ。

シロアリに強いイメージ
MERIT地面からの湿気を防ぐ

コンクリートの下に防湿シートが敷いてあるので、基礎部分からの劣化を防ぐことができる。

地面からの湿気を防ぐイメージ

安心安全な地盤・耐震への取り組みSAFE & SECURE

01

徹底した検査管理

安心安全な地盤・耐震への取り組み

弊社ではお客様が安心して住めるよう、着工前に全邸、地盤調査会社による地盤調査を実施しています。

検査対象

第三者機関による検査と保証体制

国土交通大臣指定の第三者機関によるチェック

拓匠開発では、お客様の住宅の資産価値を維持し、安心と安全を保証するため、国土交通大臣指定の第三者機関による検査を行います。具体的には、家を建てる工事途中の現場を確かめる検査です。建物が、国の建築基準法などをクリアしているかを、第三者検査機関による公平かつ厳しい目でチェックします。

瑕疵担保責任保険会社(住宅あんしん保証、日本住宅保証検査機構)

国土交通大臣より指定を受けた保険法人の定める設計施工基準に適合した住宅につけられる10年間の長期保証です。保険法人の提携検査機関が、基礎配筋検査、上部躯体検査を行い、その検査に合格した建物に万が一住宅の品質確保の促進等に関する法律に定める瑕疵(かし)が判明した場合、その補修を確実に履行します。

地盤サポートシステム

拓匠開発では、お客様の大切なお住まいを不同沈下から守るため、地盤解析No.1の実績を持つジャパンホームシールド株式会社と提携し、お引渡し日から20年間品質保証が受けられるシステムを導入しています。

万が一の不同沈下事故が起こったら

免責金額なしの全額保証
保証金額最大5,000万円
専任スタッフ※が責任を持って対応
※ジャパンホームシールド株式会社専任スタッフ

02

耐震等級3相当

安心安全な地盤・耐震への取り組み

弊社が手がける家は、安心の耐震等級3相当の住まいです。住まいの安全を確保する“耐震等級3相当”とは、建築基準法の1.5倍の性能を持つ家になります。

数百年に一度発生する地震に対して、倒壊・崩壊しない構造の家のことで、警察署や消防署など防災の拠点となる建物と同じ耐震性能です。

※耐震等級は各邸ごとに異なります。

耐震等級3相当

※耐震等級、性能、構造、工法、住宅設備などは分譲地や各邸ごとに異なる場合もございますので予めご了承ください。